通信制高校の選び方をまとめてみました!


出展:イラストAC

神奈川在住のみさきです。

今まで通信制高校に関する知識を中心にブログの記事を書いてきました。

通信制高校の単位の取得方法や、通信制高校のテストについて、通信制高校のスクーリングについてなどです。

それぞれなんとなく、どのようなものかはわかっていただけたと思うのですが、実際にどういう風に通わせる通信制高校を決めたら良いのか悩まれる方はたくさんいらっしゃると思います。

なので今回は、「通信制高校の選び方」について書いてみたいと思います。

以下が、通信制高校を選ぶ際の大まかなポイントです。

ポイントその1:私立か公立か?学費を比較
ポイントその2:スクーリング回数は?
ポイントその3:通学範囲について
ポイントその4:サポート体制について
ポイントその5:選択できる学習内容
ポイントその6:学校の雰囲気

順番にみていくと、まず私立と公立にするのかで大まかに分けられます。

サポート体制の充実度合い、受けられる授業数、種類が多いのは私立ですね。もちろん、その場合公立よりも高額な費用を頭に入れておかねばなりません。

通学範囲もよく検討しなければならないポイントです。スクーリングの回数は限られていますが、それでもいざ出席することを考えて無理のない通学範囲であることを確認する必要があります。

最後に、学校の雰囲気ですが…これ何気に重要かもしれません。

私は運よく雰囲気の良い?みんなが優しいし、過ごしやすい環境の学校であったから良いものの、中には遊んでしまっている人たちが大半な学校もあります。

担任の先生のやる気も大きく左右します。

なので、よく比較検討することをお勧めします!私も実際に見学や相談に親と一緒に行きましたし…。

神奈川の通信制高校の選び方がいまいちわからないという方や、探している方はこのサイトを見てみると良いですよ!

改めて調べてみて、結構重要だと思っていることがけっこう書かれていると思いましたので。

 

 

通信制高校ってどれくらい学校に登校するのか

出典:イラストAC

神奈川在住のみさきです。

通信制高校は自宅学習がメインになりますが、全く学校に登校しなくても良いというわけではありません。

学校によって変わってきますが、既定の日数は登校しないといけないことが多いです。

では、どれくらい登校するのが一般的なのでしょうか?

それを紹介しますね。

通信制高校の登校(スクーリング)日数

通信制高校の通学は、学校によって異なりますが、平均的には年間20日程度であるところが多いです。

週で考えると週1日~の通信制高校が多く、中には通う日数を自由に選択することができる通信制高校もあります。

中にはほとんど通う必要がない通信制高校もあり、月に1日や2日程度の学校もあります。

家庭教師制のような方法で学習ができる通信制高校の場合は、先生が直接自宅に訪問して、学習をすることで登校するのと同じ単位を取得することができたりします。

また、ネット学習制のような方法がある通信制高校の場合は、ネット上で授業を受けることでスクーリング1回分として単位を取得することができることもあるので、必ずしも学校に通学する必要がない学校も増えてきています。

自分がどれくらい通えるのかもしっかりと考えた上で通信制高校を選ぶのが一番無理なく学習する事ができます。

通信制高校のテストってどんなの?

出典:イラストAC

神奈川在住のみさきです。

通信制高校の単位取得方法は、前回書いたように「レポート提出」「スクーリング」「テスト」の3つです。

通信制高校は自宅学習がメインとなるので、テストの方法などを知らない人が多いと思います。

通信制高校のテストって?

全日制高校の場合は学期の中間と期末でテストがあるので、年に2回行う事になります。

しかし、通信制高校の場合は、学期末の1回又は、高校によって2回行われるので一般的には全日制高校よりも少ないです。

その為、出題範囲が広くなります。

出題範囲が広くなるって事は難しいんじゃないかって思う人もいると思いますが、レポートをしっかりとこなしていれば簡単に解けるような比較的簡単な問題になっています。

また、スクーリングの際にテスト対策をしてくれることもあるので、それをしっかりとこなすと解けます。

テストとはいっても、通信制高校には赤点はありません。

テストの平均点は60点となっていて、最低でも60点取ることができれば問題ないのです。

仮に2回テストが行われる高校なら1回目で30点、2回目で30点と取れば60点になるので、これでも問題ありません。

全日制高校は赤点で追試などが行われたりします。

しかし通信制高校は、テストの点数が仮に悪くても、普段のサポートやスクーリングをしっかりとやっていると単位をくれたりするので、よほど不真面目じゃない限りは単位取得は問題なくできます。

通信制高校の単位の取得方法

出典:イラストAC

神奈川在住のみさきです。

通信制高校は、毎日学校に行くわけではないので、全日制のように出席日数やテストの点数で進級や卒業資格を得るわけではありません。

基本的には単位を取得する事で卒業資格を得ることになります。

通信制高校の単位の取得方法は、レポートの提出、スクーリングの出席、テストの3つです。

一般的にはスクーリング2回とレポート数枚とかで1単位取得とかが多いです。それプラスでテストで単位を取得します。

卒業までに必要な単位は?

卒業するまでに必要な単位数は74単位となっています。

普通に勉強をして、しっかりとスクーリングなどを受けていれば3年で取得することができます。

しかし、通信制高校の場合は、3年で必ず卒業することができるわけではありません。

単位が足りない場合は3年経っても継続して勉強をしていく必要があります。

そして、74単位を取得した段階で卒業となるのです。

ただし、74単位が2年で取得できてしまったとしても3年間は在籍しておく必要があります。

最低3年間は在籍が義務となっているのです。

全日制高校の場合は、進級で1年生から2年生に上がっていきますが、通信制高校には進級の概念がない為、1年生、2年生というくくりはありません。

ただ3年間在籍する、というだけになるのです。

通信制高校に関する知識をどんどん公開していきます

出典:イラストAC

こんにちは!

神奈川在住のみさきです。

私は中学の時に不登校になり、学校に行かなくなりました。

その為、まともに中学の勉強をしていませんでした。学校に行くのが嫌になって、自分の部屋から出たくなくなってしまったのです。

しかし、このままではいけないからっていうので先生と親が話し合ってくれたみたいで、通信制高校に行かないかと言われたんです。

私も親も当時は通信制高校について何も知らなかったので困惑でしたけど、いざ通って見ると自分のペースで勉強はできるし、基本は自分の部屋で学習をすればいいので私にはあっていました。

そんなことを経験して、今は卒業をして働いていますが、その時の経験をもとに通信制高校に関しての情報を発信していこうと思い、このブログを立ち上げました。

これからよろしくお願いします。

通信制高校は卒業まで学校に通わなくていいの?

通信制高校と聞くと、一日自宅で勉強を黙々とやって卒業する、みたいなイメージを持っている人もいると思います。

しかし、実際にはそんなことはありません。

通信制とはいえ高校なので、登校しないといけない時はあります。

スクーリングというんですが、これは科目や学校によって日数が変わってきます。

週1日だけ通う高校もあれば週5日通うような通信制高校もあります。

月に数回しか行かなくても良い高校もあります。

スクーリングでは、授業をする事になります。レポートをしていて不明な点等があった時は直接先生に聞くことができ、わからないをわからないままにしておくことがないようなカリキュラムが組まれています。

授業時間は全日制高校と同じくらいで50分程度です。

数人が集まって授業をする高校もありますが、個別指導などをしてくれる高校もありますので、わからない時はその時にまとめて質問すれば丁寧に教えてくれます。

なので、全く家から出ないで卒業しようと思っているならちょとだけイメージが違うと思います。