いまさら聞けない!カルシウムの働きとおすすめ食材

知らない人はいない有名な栄養素、カルシウム。「魚と牛乳に多く含まれている」「骨が強くなる」くらいの認識である人も多いのではないでしょうか?

今回は、カルシウムについて改めて詳しく調査してみました。

カルシウムの働き

カルシウムは基本的に骨と歯をつくる働きを持つミネラルです。血液中にもカルシウムは入っていて、止血などの役割を担っています。

血中のカルシウムが足りなくなると、骨からカルシウムを補うそうです。これ自体は通常のことなのですが、(カルシウム不足により)カルシウムによる骨の形成よりも骨からカルシウムを補う働きの方が強くなると、骨のカルシウムが足りなくなって骨粗鬆症が引き起こされることもあります。

一方で、サプリメントなどで摂取しすぎても問題なので、適量を食事から摂取するのが一番なのです。

カルシウムを含んだ代表的な食品

そんなカルシウムを多く含んだ食品には、まず冒頭で挙げた牛乳や魚(小魚)が該当します。それから豆類にも含まれるため、大豆製品である納豆や豆腐もおすすめの食材です。

わかめなどの海藻にもカルシウムは含まれるため、昔ながらのわかめと豆腐のお味噌汁や納豆の並んだ食卓というのはカルシウムを摂取する上ではかなり良いメニューだったのですね。

緑黄色野菜もカルシウムを含んでいるので、バランスの良い食生活を心がけることで自然とカルシウムも摂取できそうです。

おわりに

これから成長期を迎える小さい子供から、丈夫な骨をキープしたいお年寄りまで、幅広い年代の人にとってカルシウムは大切な栄養素です。

ぜひ意識的に必要な量を摂取し、強い身体をつくっていってください。

プロテインとHMBの違いを徹底解説!

筋力アップサプリでお馴染みの成分と言えばプロテインですが、最近はHMBという成分を含んだサプリメントがどんどん出てきているように思います。

この両者にはどのような違いがあるのでしょうか?今回はこの点について調査してみました。

プロテインとHMBの違い

プロテインと言えばホエイプロテインをよく見ますね。ホエイプロテインは牛乳を原料としたプロテインで、吸収の速度が速いという点にメリットがあります。

トレーニングをする人がよくボトルに入れて飲んでいますが、このホエイプロテインは運動した後のタンパク質の補給に適しているので、実に理にかなった摂取方法だと言えます。

プロテインの基本的な役割は、筋肉を作るための栄養補給なのです。

一方でHMBはどういう成分なのかと言うと、直接的に筋肉になるというよりは、筋肉を作るように指令を出すような存在です。これを摂取することによって、身体で筋肉を作ろうとする働きが活性化されるでしょう。

プロテインとHMBは両方摂るのが正解

本当に筋肉を付けていきたいのであれば、片方だけでなく両方摂取した方が良いというのがお分かりいただけましたでしょうか。

プロテインにもわずかながらHMBが含まれていますが、両方とも摂取した方が効率的に筋肉を付けていくことができます。

プロテインは粉の状態でよく売っていますし、HMBはサプリで手に入るので、ぜひ両方トライしてみてください。

おわりに

健康のために筋肉は非常に重要です。

筋肉があれば基礎代謝も上がりますし、良い姿勢をキープすることもできるでしょう。太りにくくなるので見た目的にもメリットが大きいです。

そうして筋肉を付けようとしている人は、しばしばこのプロテインとHMBのどちらを摂取するべきかで迷ったりしますが、「可能なら両方摂るのが良い」というのを覚えておいていただければと思います。