通信制高校の単位の取得方法

出典:イラストAC

神奈川在住のみさきです。

通信制高校は、毎日学校に行くわけではないので、全日制のように出席日数やテストの点数で進級や卒業資格を得るわけではありません。

基本的には単位を取得する事で卒業資格を得ることになります。

通信制高校の単位の取得方法は、レポートの提出、スクーリングの出席、テストの3つです。

一般的にはスクーリング2回とレポート数枚とかで1単位取得とかが多いです。それプラスでテストで単位を取得します。

卒業までに必要な単位は?

卒業するまでに必要な単位数は74単位となっています。

普通に勉強をして、しっかりとスクーリングなどを受けていれば3年で取得することができます。

しかし、通信制高校の場合は、3年で必ず卒業することができるわけではありません。

単位が足りない場合は3年経っても継続して勉強をしていく必要があります。

そして、74単位を取得した段階で卒業となるのです。

ただし、74単位が2年で取得できてしまったとしても3年間は在籍しておく必要があります。

最低3年間は在籍が義務となっているのです。

全日制高校の場合は、進級で1年生から2年生に上がっていきますが、通信制高校には進級の概念がない為、1年生、2年生というくくりはありません。

ただ3年間在籍する、というだけになるのです。

通信制高校に関する知識をどんどん公開していきます

出典:イラストAC

こんにちは!

神奈川在住のみさきです。

私は中学の時に不登校になり、学校に行かなくなりました。

その為、まともに中学の勉強をしていませんでした。学校に行くのが嫌になって、自分の部屋から出たくなくなってしまったのです。

しかし、このままではいけないからっていうので先生と親が話し合ってくれたみたいで、通信制高校に行かないかと言われたんです。

私も親も当時は通信制高校について何も知らなかったので困惑でしたけど、いざ通って見ると自分のペースで勉強はできるし、基本は自分の部屋で学習をすればいいので私にはあっていました。

そんなことを経験して、今は卒業をして働いていますが、その時の経験をもとに通信制高校に関しての情報を発信していこうと思い、このブログを立ち上げました。

これからよろしくお願いします。

通信制高校は卒業まで学校に通わなくていいの?

通信制高校と聞くと、一日自宅で勉強を黙々とやって卒業する、みたいなイメージを持っている人もいると思います。

しかし、実際にはそんなことはありません。

通信制とはいえ高校なので、登校しないといけない時はあります。

スクーリングというんですが、これは科目や学校によって日数が変わってきます。

週1日だけ通う高校もあれば週5日通うような通信制高校もあります。

月に数回しか行かなくても良い高校もあります。

スクーリングでは、授業をする事になります。レポートをしていて不明な点等があった時は直接先生に聞くことができ、わからないをわからないままにしておくことがないようなカリキュラムが組まれています。

授業時間は全日制高校と同じくらいで50分程度です。

数人が集まって授業をする高校もありますが、個別指導などをしてくれる高校もありますので、わからない時はその時にまとめて質問すれば丁寧に教えてくれます。

なので、全く家から出ないで卒業しようと思っているならちょとだけイメージが違うと思います。