肌に潤いを与える「コラーゲン」と「ヒアルロン酸」の違い

「コラーゲン」と「ヒアルロン酸」、どちらも肌にうるおいを与えてくれる成分として非常に有名なものですよね。化粧品に入っていれば、何となく肌がぷるぷるしそうな雰囲気があります。

しかし、それぞれについて詳しく知っている人はそこまで多くないのではないでしょうか。今回はこの2つの成分について違いを説明していきます。

コラーゲンはタンパク質、ヒアルロン酸は化合物

ものすごく簡単な説明をすると、コラーゲンはタンパク質の一種であり、ヒアルロン酸はそうではありません。

複数種類あるコラーゲンのすべての働きは解明されていませんが、肌にも存在し、弾力などを与えてくれています。そして、コラーゲンは体内で作り出せる他、食品からも摂取できます。コラーゲンボールが入った鍋とかが一時期流行りましたね。

一方のヒアルロン酸は化合物です。水分を貯め込む力に優れていて、細胞と細胞をつなぎ合わせる役割も持っています。体の中にも存在しますが、年齢を重ねるとその量は減少してしまいます。

基本的には保湿効果のみ

コラーゲン、ヒアルロン酸いずれも肌にとってとても大事な成分に思えますが、化粧品で肌に塗布したからといって、想像するような肌への効果が得られることはほぼないと言われています。

分子が大きくて肌に吸収されないとか、コラーゲンを摂取しても一旦アミノ酸になってしまうとか、そういった話もありますので、盲目的にコラーゲンやヒアルロン酸が入った化粧品を選ぶのは良くないかもしれません。

あくまでも肌表面にうるおいを与える程度の効果である場合もあるので、化粧品選びはしっかりと行うと良いですね。

おわりに

大人気成分であるコラーゲンとヒアルロン酸ですが、それらが入った化粧品を使うだけで驚くほどの変化は望めないことが多いでしょう。

あくまでも肌への保湿効果を求めて選んでいくのが良いのではないでしょうか。