乾燥肌ってよく聞くけど、実際どんな肌のこと?

女性の肌トラブルとしてよく聞くものの一つに、乾燥肌があります。

その名の通り乾燥している肌のことを指しているのだろう、というのは分かるのですが、実際にどういった肌のことを乾燥肌と呼ぶのか、詳しく理解している人は意外と多くないかもしれません。

今回は、そんな乾燥肌について改めて調べてみました。

乾燥肌の定義と発生するメカニズム

乾燥肌は、冒頭で述べたように乾燥してしまっている肌の状態を指す言葉です。具体的には、肌の乾燥によって以下のような症状が引き起こされている状態の肌を指していることが多いようです。

  • 肌がカサカサしていて、うるおいを感じない
  • 洗顔をするといつも肌がつっぱっている

もちろん、顔以外の部分にも乾燥肌は発生します。冬場など、肌から粉をふいてしまっている場合は、ほとんどの場合で乾燥していると思って良いでしょう。

発生メカニズムとしては、角質層のうるおい不足や、生活習慣の乱れによって引き起こされることがよくあると言われています。状態によって「乾燥性敏感肌」や「脂性乾燥肌」などの種類分けもあるので、自分の肌がどれに該当するのかはしっかり確認しておくのがおすすめです。

乾燥肌を改善させるには

乾燥肌はうるおい不足の場合もあると述べましたが、だからといって水をパシャパシャかければ乾燥が改善するというほど単純なものでもありません。

実は肌では、表面に適切な量の皮脂が流れていることで、水分の蒸発が防がれています。熱いお湯で洗顔をするなどして、必要以上に皮脂を洗い流してしまうと、かえって水分の蒸発を招き、乾燥肌に繋がってしまう場合もあるのです。

そのため、まずは水分と油分が適切なバランスになるような生活を心がけると良いでしょう。

例えば、生活習慣や食生活を整えることは非常に大切です。良質な油分を摂取し、よく眠ることで、乾燥肌に限らず肌の状態が改善することはよくあります。

紫外線や過剰なエアコンの使用などと言った、外的要因をできる限り排除することも有効ですね。

おわりに

水分不足もさることながら、油分不足も大きな発生要因となっているのが乾燥肌です。うるおいを与えてくれる化粧品を使ってスキンケアを行うことも大切ですが、そもそもの生活を見直してみるのも大事です。

そして、改善のためには情報収集をしっかり行うのもおすすめです。今は乾燥した肌のケアに効果的な化粧品も多く販売されていて、例えばズキログというサイトではディセンシアの化粧水などが紹介されていますね。

元気な肌を手に入れるためには、各所にアンテナを張って情報を吸収していってみてはいかがでしょうか。

肌に潤いを与える「コラーゲン」と「ヒアルロン酸」の違い

「コラーゲン」と「ヒアルロン酸」、どちらも肌にうるおいを与えてくれる成分として非常に有名なものですよね。化粧品に入っていれば、何となく肌がぷるぷるしそうな雰囲気があります。

しかし、それぞれについて詳しく知っている人はそこまで多くないのではないでしょうか。今回はこの2つの成分について違いを説明していきます。

コラーゲンはタンパク質、ヒアルロン酸は化合物

ものすごく簡単な説明をすると、コラーゲンはタンパク質の一種であり、ヒアルロン酸はそうではありません。

複数種類あるコラーゲンのすべての働きは解明されていませんが、肌にも存在し、弾力などを与えてくれています。そして、コラーゲンは体内で作り出せる他、食品からも摂取できます。コラーゲンボールが入った鍋とかが一時期流行りましたね。

一方のヒアルロン酸は化合物です。水分を貯め込む力に優れていて、細胞と細胞をつなぎ合わせる役割も持っています。体の中にも存在しますが、年齢を重ねるとその量は減少してしまいます。

基本的には保湿効果のみ

コラーゲン、ヒアルロン酸いずれも肌にとってとても大事な成分に思えますが、化粧品で肌に塗布したからといって、想像するような肌への効果が得られることはほぼないと言われています。

分子が大きくて肌に吸収されないとか、コラーゲンを摂取しても一旦アミノ酸になってしまうとか、そういった話もありますので、盲目的にコラーゲンやヒアルロン酸が入った化粧品を選ぶのは良くないかもしれません。

あくまでも肌表面にうるおいを与える程度の効果である場合もあるので、化粧品選びはしっかりと行うと良いですね。

おわりに

大人気成分であるコラーゲンとヒアルロン酸ですが、それらが入った化粧品を使うだけで驚くほどの変化は望めないことが多いでしょう。

あくまでも肌への保湿効果を求めて選んでいくのが良いのではないでしょうか。

乾燥でパサつく髪の毛に必要な栄養

寒くなってくると髪の毛がパサパサになってしまって、ヘアスタイルが決まらないとか、髪染めをし過ぎて髪の毛が痛んでしまっている人、いますよね?

そんな人の為に髪の毛に必要な栄養を調べてみました。

髪の毛に必要な栄養は?

髪の毛にとって必要なのはバランスの取れた食事ですが、重要な栄養はアミノ酸。そして、次に亜鉛やミネラルなどが必要になります。

亜鉛やミネラルは日本人女性が結構不足しがちな栄養素で、これをしっかり摂った上で健康な髪の毛を育んでくれるL-システインなどをしっかりと摂ると、髪の毛はキレイになっていきます。

アミノ酸は髪の毛には絶対に欠かせない栄養素です。アミノ酸はタンパク質の一種なので、タンパク質を良く摂るようにしましょう。

ミネラルは、デリケートな栄養素で、ストレスを感じるだけで失われてしまうので、こまめに摂らないと不足してしまいやすくなります。

亜鉛はタンパク質を髪に運ぶのに重要で、これがないと髪の毛に十分な栄養を運ぶことができません。

ケラチンの生成に不可欠な栄養

L-システインは、ケラチンの生成には必要な栄養素です。

髪の毛の99%はたんぱく質の一種であるケラチンです。その為、ケラチンが不足してしまっては髪の毛を健康に保つことはできません。

L-システインは牛肉や羊肉、サケなどに多く含まれているので、これらの食材は積極的に食べると良いでしょう。

おわりに

髪の毛を健康的にするのに必要な栄養素を摂取するのは大事ですが、それら全てを意識して食べるのはとても大変ですよね。

そこでそれらの栄養を補ってくれるのがサプリメントなのです。サプリメントはダイエットの為のものではなく、本来必要な栄養で足りていない部分を補うのに服用するものなので、上手に使うとより健康的にいられます。

髪の毛だけではなく、身体自体に必要な栄養も含まれていたりするので、有効活用してみるといいでしょう。

いまさら聞けない!カルシウムの働きとおすすめ食材

知らない人はいない有名な栄養素、カルシウム。「魚と牛乳に多く含まれている」「骨が強くなる」くらいの認識である人も多いのではないでしょうか?

今回は、カルシウムについて改めて詳しく調査してみました。

カルシウムの働き

カルシウムは基本的に骨と歯をつくる働きを持つミネラルです。血液中にもカルシウムは入っていて、止血などの役割を担っています。

血中のカルシウムが足りなくなると、骨からカルシウムを補うそうです。これ自体は通常のことなのですが、(カルシウム不足により)カルシウムによる骨の形成よりも骨からカルシウムを補う働きの方が強くなると、骨のカルシウムが足りなくなって骨粗鬆症が引き起こされることもあります。

一方で、サプリメントなどで摂取しすぎても問題なので、適量を食事から摂取するのが一番なのです。

カルシウムを含んだ代表的な食品

そんなカルシウムを多く含んだ食品には、まず冒頭で挙げた牛乳や魚(小魚)が該当します。それから豆類にも含まれるため、大豆製品である納豆や豆腐もおすすめの食材です。

わかめなどの海藻にもカルシウムは含まれるため、昔ながらのわかめと豆腐のお味噌汁や納豆の並んだ食卓というのはカルシウムを摂取する上ではかなり良いメニューだったのですね。

緑黄色野菜もカルシウムを含んでいるので、バランスの良い食生活を心がけることで自然とカルシウムも摂取できそうです。

おわりに

これから成長期を迎える小さい子供から、丈夫な骨をキープしたいお年寄りまで、幅広い年代の人にとってカルシウムは大切な栄養素です。

ぜひ意識的に必要な量を摂取し、強い身体をつくっていってください。

プロテインとHMBの違いを徹底解説!

筋力アップサプリでお馴染みの成分と言えばプロテインですが、最近はHMBという成分を含んだサプリメントがどんどん出てきているように思います。

この両者にはどのような違いがあるのでしょうか?今回はこの点について調査してみました。

プロテインとHMBの違い

プロテインと言えばホエイプロテインをよく見ますね。ホエイプロテインは牛乳を原料としたプロテインで、吸収の速度が速いという点にメリットがあります。

トレーニングをする人がよくボトルに入れて飲んでいますが、このホエイプロテインは運動した後のタンパク質の補給に適しているので、実に理にかなった摂取方法だと言えます。

プロテインの基本的な役割は、筋肉を作るための栄養補給なのです。

一方でHMBはどういう成分なのかと言うと、直接的に筋肉になるというよりは、筋肉を作るように指令を出すような存在です。これを摂取することによって、身体で筋肉を作ろうとする働きが活性化されるでしょう。

プロテインとHMBは両方摂るのが正解

本当に筋肉を付けていきたいのであれば、片方だけでなく両方摂取した方が良いというのがお分かりいただけましたでしょうか。

プロテインにもわずかながらHMBが含まれていますが、両方とも摂取した方が効率的に筋肉を付けていくことができます。

プロテインは粉の状態でよく売っていますし、HMBはサプリで手に入るので、ぜひ両方トライしてみてください。

おわりに

健康のために筋肉は非常に重要です。

筋肉があれば基礎代謝も上がりますし、良い姿勢をキープすることもできるでしょう。太りにくくなるので見た目的にもメリットが大きいです。

そうして筋肉を付けようとしている人は、しばしばこのプロテインとHMBのどちらを摂取するべきかで迷ったりしますが、「可能なら両方摂るのが良い」というのを覚えておいていただければと思います。