ピアノはレッスンが良いのか独学がよいのか

毎日ピアノに向かって練習しています。

最近思ったのですが、もしかして、独学でピアノの練習をするより、どこかレッスンに通わないとダメなのかな?って気もしています。

ただ、レッスンの先生も千差万別ですし、自分にあった先生に出会うかどうかもわかりません。昔ピアノをやっていたときに先生に教わっていたのですが、それでコンクールにも出たんです。

でも・・・・審査する人の見方も違いますし、そこで得られた評価も、自分の先生からすると「よくわからない」ということもありました。バッチリの演奏だと思ったのに、あまり評価されなかったりもしました。この辺りは難しいですね。結局感性が関係してくるので、なんとも言えないですよね。

なんにせよ、しばらくは独学でピアノの練習を進めようとは思うのですが、ピアノ独学で検索していたら、面白いホームページを見つけました。「独学でもピアノひけるようになりますよ!」というお話がされているのですが、なんとも心強いです。

独学でやる場合は、気負わずに趣味の延長上で楽しくやりたいと思っています。あまりに上達を意識して練習に励んでも嫌になってしまうかもしれませんし、毎日の成長をゆったりと感じながら進めていこうと思います。うまくなるというより、うまくなっているという点がきっと楽しいのでしょうし。適度に頑張っていこうと思いまーす。

 

ハノンより先にさっさと進みたいなー

毎日ハノンで練習してます!

ただ、より早く成長できないかと思って調べてみたら、なんとハノンで練習していても別にうまくならないというお話もあるようです。

ハノンでの練習は、言ってみれば基礎トレーニングの内容で、これをやったからといって上達するわけではないんですね。

とはいえ、筋力や持久力など、ピアノを引く上で必要になる力を向上させるのには必要なものみたいです。

確かに、すぐに指が疲れてしまっては、上達も何もないですもんね。これはしばらくは継続的に実施した上で、それに加えて技術的なところの練習も段々増やしていかないといけないということですね。

気になるのは、ハノンで頑張りすぎると、手首が固くなったり、指先だけで硬く鍵盤を引くようになったり、不都合も出てきてしまうみたいです。

日本的にはそういった基礎練習をおろそかにしないように!という風潮が強いようで、それに対して否定的な見解を持つ人もいるようですね。

私も初心者ながらの生意気発言として、早くすごい曲弾きたいなーと思ってしまいます。楽しみたいのが目的なので、つらいトレーニングというイメージでやってしまうと、すぐに挫折して辞めてしまいそうです。

まずは楽しむ!ことを目的にしてやっていこうと思います。

久々にピアノを弾きたくなった

こんにちは、朋美です。小学生の時に親が色んなことをやらせようとして電子ピアノを買ってくれたんですが、弾けるようになる前に挫折してそのうち忘れてました。

その電子ピアノは長ーく納戸にしまわれてて私も親も忘れかけてたんですが、いい年齢になった今、改めて何かに挑戦してみようと思ったんですが、ふとピアノの事を思い出したんです。

そこで久々に納戸からピアノを出してきてキレイに手直しをして音を出してみたんですが、やっぱり状態は良くなかったです。

そこで修理にだすなら下取りとかをして新しく買おうと思って最近新しいピアノが我が家にやってきました。

もちろん電子ピアノですけど、それでも十分です。でもここで問題は私も社会人でなかなか教室に通うだけの時間はないし、お金もないので無理かもしれないけど、独学でピアノを練習する事にしたんです。

そこでまず練習に必要な物を準備しました。私のレベルでもできる教本と練習方法が収録されたDVD、それから弾きたい曲の楽譜です。

これだけあれば多分できます。あとは練習あるのみです。で、昔少し触れたことはあっても今となっては完全に忘れて素人と同じなので指の置き方とか弾き方とかから始めて少し弾けるようになったら最初はハノンから始めようと思います。

小学生はひたすらハノンを練習するみたいです。私は小学生ではないですが、それでも小学生でピアノ練習をしてる子よりも弾けないのでまぁここから始めるのが妥当なのかなって思ってます。